space
UN environmentについて
space
 

 

国連環境計画

国際環境技術センター

 



 


 

 

UNEP国際環境技術センターの活動

政策支援
各国や地方都市における環境上適正な技術 (Environmentally Sound Technologies:ESTs)
やその取組を活用促進にするために、各国政府に対する技術支援・助言を行っています。

教育と能力開発
大学と連携し、全体論的廃棄物管理に関する大学院向けカリキュラムの開発に取組んでいます。
世界中で各種ニーズに応じた研修コースや学習機会を 提供し、政府職員や実務担当者、一般市民の技能向上 に貢献しています。

有効性の実証
イノベーティブな技術・手法の実証実験を通じ、気候 変動による影響の緩和、レジリエンスの向上、雇用の創出、福祉の改善などを各国で支援しています。

啓発活動
環境上適正な技術やその取組に関する課題や機会に対 する意識を向上させるために、普及活動や専門家活動、 政策対話などを実施しています。

パートナーシップとステークホルダーの参加
廃棄物管理に関するグローバル・パートナーシップ (GPWM)では、「廃棄物と気候変動」、「廃棄農業バイ オマス」、 「統合的固形廃棄物管理」、「電気電子廃棄物管理」、「海洋ごみ」、「廃棄物抑制」、「有害廃棄物」、「金 属リサイクル」の8 分野において、 国際機関や各国政府、 民間企業、学術研究機関などの連携を促進しています。
UNEP 国際環境技術センターはGPWM の事務局である とともに、3分野(廃棄農業バイオマス、統合的固形廃棄物管理、有害廃棄物)をリードしています。


  • リーフレット
  • (英語日本語