UNESCOとの協力

reed Marsh Arab houseユネスコ(UNESCO)は、世界の文化・自然遺産の認定、保護と保存を推進しています。イラクにおけるUNESCOの活動領域は、教育、文化、自然科学、コミュニケーションと情報にわたっており、ユネスコのイラク事務所はヨルダンのアンマンにあります。ユネスコの文化部門においては、イラク国内の遺産を保護するにあたり、文化省などの機関と連携し、イラクの文化管理支援を行っています。自然科学部門においては、イラクの水資源管理問題に先導して取り組んできました。例えば、チグリス・ユーフラテス川をめぐる多国間の水問題に取り組むことは、イラク南部湿原の長期的な保全に必要となる水量の確保とも深く関連しています。また、今回のプロジェクトは、世界遺産条約の事務局であるであるユネスコ世界遺産センターとの綿密な連絡のもとに実施されています。このように、ユネスコとの連携は、湿原の持続可能な開発を実現し、世界遺産を通して湿原の重要性を国際社会に周知するにあたり付加価値となるのです。

UNESCOイラク事務所
UNESCO世界遺産センター、イラクの国別プロフィール