目的

プロジェクト全体の目的は、イラク南部湿原が独自にもつ歴史的、文化的、環境的、水文学的、社会経済的な特徴を踏まえ、特に世界遺産への登録プロセスを利用し、当該地域の管理計画を作成・実施することです。

具体的には以下について取り組みます。

  1. 世界遺産登録基準を指針とし、イラク南部湿原地域の自然・文化遺産に対する長期的保全と管理計画を作製する。

  2. 自然的・文化的見地からのイラク南部湿原の状況を考慮した、持続可能な社会経済開発を確保する。

  3. 地元住民と国家・州・地元機関に対して能力開発ならびに啓発活動を実施することにより、現地レベルでの環境の保存と管理体制の運営への参加を促進する。

  4. 資源の公正利用と地域の持続可能な開発を支援するために、国際社会にイラク南部湿原の重要性を周知する。

Iraqi Marshlands